即日キャッシングとは何か

 

日々の暮らしの中で、ちょっとお金が足りない、もう少しお金があればなと思うシーンは多々あることでしょう。
贅沢がしたいとか、大きな買い物がしたいという場合でなくても、夕食の買い物をしたいが、今はお金があまり無いなんてことがあるのではないでしょうか。
後日になればお金が入ってくることが決まっているのであれば、即日キャッシングを利用するのも悪いことではありません。
即日キャッシングって何? という人もいるかもしれません。それは、その名の通りその日のうちにキャッシングができる素晴らしいサービスなのです。
以前のキャッシングサービスは、ありがたい存在ではありましたが、手続きに時間がかかることがほとんどでした。
いくつかの書類に記入しなければならなかったり、収入を証明する書類が必要だったり、個人を認証するための書類が必要だったり。
しかし、テクノロジーの進歩によって、こうした書類を手配するのは以前よりも簡単になりました。
それに呼応するように、キャッシングサービスを提供する金融機関も、例えば一定の条件を満たす場合は収入証明を提出しなくても良くするなど、サービス提供のための手続きを簡便にしました。
そのため、午前中に利用を申しこめば、その日のうちに指定の口座に現金が振り込まれるというサービスの提供が実現できるようになったのです。
例えば10万円以下のあまり大きくない金額のお金が今すぐ必要な場合に、その希望に答えてくれるサービスがあるというのはとてもありがたいですね。

 

便利にキャッシング出来る環境が整っている事が借金地獄になる原因

 

借金をするという事は世間的にイメージが良くないので誰でもしないように心掛けはします。
生活が苦しくなったりすると仕方なく消費者金融からキャッシングをする事になります。
しかし消費者金融からキャッシングする時も最初は借りたら出来るだけ早く返済しようと心掛けます。
最近では消費者金融からキャッシングをする場合すごく便利になっているので、借り過ぎてしまい借金が膨らんでしまうという事も増えているようです。
消費者金融でキャッシングの申し込みをする時は自動契約機で手続きをして、その場でカードを発行してもらうというのが主流でした。
ところが、最近ではスマートフォンが普及してきた事によってインターネットで申し込む事も出来るようになりました。
しかもホームページからWeb完結で申し込みをする事が出来るので、借り入れも振込キャッシングで口座に振り込んでもらう形になるので借金をしているという感覚が徐々になくなっていってしまいます。
そのためどんどん借りてしまって借金が膨らんでしまうという悪循環に陥ってしまいます。
借金をしないように心掛けていたりしてもこのように便利にキャッシング出来る環境が整っているとどうしても借り過ぎてしまって借金が膨らんでしまいます。
そのためもう一度借金をするという事がどのような事かをしっかり考える必要があります。

 

賭け事は小遣いの範囲にしないと地獄が待っている

 

賭け事にのめり込む人の中には、多額の借金を抱えてしまう人がいます。
敗けを取り返そうとますますむきになってしまい、手持ちのお金がなくなったらキャッシングをしてまで賭け事を続けるからです。
冷静に考えれば、キャッシング地獄の始まりだということが分かるでしょう。
日本には、競馬や競輪、パチンコなど、合法的なギャンブルがいくつかあります。
気晴らしにこういったギャンブルを楽しむのはもちろん構いません。
どんな遊びでもお金はかかりますから、ギャンブルだけがいけない、ということはありません。
しかし、のめり込みすぎてキャッシングをする、というのはいけません。
頭に血が上っている時は、冷静な判断ができませんから。
借金をしてもお金が増えれば良い、などという馬鹿げた考えをしてしまいます。
決して良い結果にはならないどころか、キャッシング地獄の恐れもあります。
冷静になると分かることですが、賭け事は客が負ける仕組みになっています。
もちろん日によっては勝つこともあるでしょうが、トータルすれば大抵の人は負けるようになっています。
負けることを覚悟の上で、楽しむ分には良いでしょう。
あくまでもお小遣いの範囲で楽しみ、負けた時は、今日はツキがないと潔く諦めることが大切です。
意地になればなるほど負けやすくなることを覚えておきましょう。

 

依存を止めて、集中力を仕事に向ける。

 

キャッシング地獄。
僕も経験しました。
キャッシングをしてお金を使っているときは、たいして何も感じないのですが、気付いたら、100万借金していました。
問題は返さなければいけないところです。
返さないでいると、キャッシングは利息が付いて増えていくばかり、金額が多ければ多いほど、利息が大きくなっていきます。
利息だけで月5万とか。
もうキツイです。
自分がヤバイキャッシング地獄に入ってきていると思ったら、生活を見直しましょう。
僕の場合は、女の子に貢いでいましたが。
どうでしょう。
何かの依存症になっていませんか?
ギャンブルとか。
パチンコとか競馬とか競艇とか競輪とか。
もちろん異性とか。
やっぱり自分の身の丈に合った生活をするしかないのです。
依存症はいけませんね。

まあ、わかっていても止められないのが依存症です。
「なんとかなるさ。」「あともう少しだから。」と思っても、あなたの精神世界と現実世界には大きなギャップが生じているのです。
それに気付きましょう。
僕は、早めに、これに気付いて、それまで異性に夢中だった集中力を、まず仕事に向けました。
これなら、お金を使わずに、逆にお金が貯まりますよね。
負の連鎖をまず、断ち切ったのです。
そして、異性には、ありのままの身の丈の自分が、認められないなら、それは、もう間違った付き合いなんだと思うことにしました。
こうして、コツコツとお金を返していって、キャッシング地獄から脱出するまで3年掛かりました。
使うのは一瞬です。
返すのは3年掛かりです。
キャッシング地獄から脱出するなら決断は今しかないですよ。

 

利用に幅のある消費者金融の即日キャッシング

 

かつては信用の低い人に対する強引な貸付や、返済が滞った人に対する無茶な取り立てなどで悪名を馳せた消費者金融ですが、現在は法規制と業界全体のモラルの回復によって、私達が普通に利用することのできる、身近で便利なサービスになりました。
預金などの業務を行う銀行や、クレジットがメインの信販会社と違い、消費者金融はもっぱらキャッシングが専門の金融業者です。
そのため、他の金融機関と比較すると、利用にさいして柔軟に対応してくれるのが特徴です。
例えば、審査においても銀行は毛筋ほどの疵瑕でも容赦なく落としてしまうのですが、消費者金融の場合は様々な確認を取った上で問題無しと判断できる場合であれば審査に通すことがあります。
ただし、信用度が低いことに違いは無いので利用できる金額は小さく、また金利は大きくなることになります。
返済に対してもある程度柔軟で、銀行の場合は約定日に返済ができなかった場合は直ちに契約を解除して、返済残高の全額を回収する手続きに入りますが、消費者金融の場合はその金融機関の内規に沿って、ある程度の遅延損害金を上乗せして返済すれば、約定日に遅れてしまっても返済を受け付けてくれます。
ただし、返済に遅れたことに違いは無いので、返済額分の利用可能金額が実際に利用可能になるのは翌月以降になることがほとんどです。
このように、利用から返済に関して、他の金融機関と比較すると柔軟に利用できるのが消費者金融の即日キャッシングの特徴です。

 

債務整理でキャッシング地獄から脱出しましょう!

 

借金を抱えていると、仕事中に会社の電話が鳴っただけでも気になってしまうことがあります。
今では返済が遅れた場合でも、職場に電話を掛けてくるようなことはまずありませんが、何度もそれが繰り返されると、全く無いとも言い切れません。
そのような支払いが困難なほど借金を抱えてしまった場合には、債務整理という法的手続きをおすすめします。
法的手続きにも種類がありますが、比較的行いやすい任意整理という方法があります。
手続きを行うと基本的に、抱えている借金を元金だけの返済にすることができます。
元に借入れを行った金額から今までに支払った金額を引き、その残りの分の返済を行えば済むことになります。
この手続きを行っても、職場にそれが知れるようなことはありません。
また、他の債務整理とは違って裁判所を通さずに弁護士や司法書士に一任して行えます。
そのため余計な手間も掛かりません。
このように、任意整理では借金が無くなる訳ではありませんが、弁護士などに依頼をしてしまえば、あとは自分で行うことは何もありません。そして、借金も大きく減額されることになるので、これからはきちんと支払っていけるようになるでしょう。
借金で悩んでいる場合は、まずはこの債務整理を行うことを考えてみてください。

 

参考:債務整理したら借入できない?ブラックリスト解除の期間は?

 

ブラックリストでも借りられる?債務整理後の借り入れの実態は?

 

皆さんはブラック借り入れという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ほとんどの方は聞くことすら初めてなのではないでしょうか。
ブラック借り入れとは信用情報に登録されブラックリストに載ってしまった人であってもお金を借りることができるサービスを行う金融会社のことを言います。
債務整理をしてしまうと普通は融資をうけたり、お金を借りたりすることはできないのですが、狭い金額の範囲で借り入れを行うことができることを売りにしている企業です。
CMで流れているような大手は決してそのようなリスクを伴うことをしませんが、小さい企業で流行っている所もあるそうです。
ほとんどが債務整理を行うなどして、言い方が悪くなりますがお金グセが悪いと判断した弱者をターゲットにしようと考えている闇金業者が多いようなので注意しなければなりません。
融資も借り入れすることもできないブラックリストに登録されている人たちから見たら天使に見えるのかもしれませんが、またお金のトラブルに巻き込まれる悪魔の面もあるので債務整理後にも借り入れができるという甘い言葉に惑わされず、しっかりと時効を迎えるまで債務のない生活をおくるようにしてください。
債務整理後ということも合って、そういうところを使ってしまうと言い難くなりより悲惨なことにもなりかねないので、ブラック借り入れなるものは使用しないほうがいいでしょう。
どうしても使いたいというのであればしっかりとした会社であるのかしっかりと情報を集めてからにしてください。

 

債務整理後に借りた闇金への借金返済体験談。

 

恥ずかしながら、以前株式の信用取引で大きな失敗をして借金を背負い、弁護士に依頼して債務整理を行った経験があります。
当初は任意整理で話を進めていたのですが、ショックのあまり失職してしまった為、最終的に自己破産をしたのです。
お恥ずかしい話です。

 

自己破産後の生活はとてもひどいものでした。
東京を離れ、僻地の工場でアルバイトをこなし、月10万程度の給料を手にするだけの日々です。
以前は手取りで35万円以上を貰っていた身としては、その落差の大きさにストレスは日々貯まって行く一方でした。

 

そこに登場したのがヤミ金の勧誘です。
私の官報を見たのでしょうか、どこかから住所や連絡先を調べ上げられ、ポスティングや勧誘のメールが日常茶飯事のように届く情況です。
普段は戒めとして我慢していたのですが、あまりにもストレスが膨れ上がったせいで、ついに借金してしまったのです。

 

利用したヤミ金取引は、業者が自宅に訪問しての取引形式でした。
審査など皆無に等しく、携帯電話がちゃんと繋がるかと、顔写真を写メで撮影された程度です。
連帯保証人も要求されましたが、なんと本人の同意は必要なく、私が勝手にサイン、連絡先を記入するだけで契約成立という強引なものでした。
なお、金利は月20%というもので、年利に換算すると実に240%という超高金利です。
普段なら絶対に契約しませんが、あの時は本当にどうかしていました。

 

結局、私は借金返済できず、連帯保証人にした家族に肩代わりしてもらって完済しました。
今ではそのお金を月々家族に返している情況ですが、弱者を狙うヤミ金の悪辣さには、今でも怒りが収まりません。
同時に、自分の甘さも痛いほど痛感した体験でもあります。